ツアーTOUR

趣味の旅

モロッコ特集

ヨーロッパの影響を多く受けた、北アフリカの国の一つ。
北アフリカ国家ならではのサハラ砂漠やヨーロッパの影響を受けた街並みなど、文化の融合を楽しむことが出来ます。

アフリカ

出入国条件

観光・ビジネス共に入国可

▼2022年5月20日以降、モロッコ入国時の水際対策措置は以下のとおり。(12歳未満の子供に適用されない)
①有効なワクチンパス(pass vaccinal)または搭乗時の72時間前以降に受けたPCR検査の陰性証明書
・有効な外国のワクチン接種証明書もモロッコ入国時の必要書類として有効。
・有効なワクチンパスを有する方は入国時にPCR検査の陰性証明書を提示不要。
・3回目を接種済みまたは2回目を接種してから4ヶ月以内である必要がある(ジョンソン・エンド・ジョンソンの場合は1回目)ワクチン接種証明書
・PCR検査および陰性証明書の要件は発表されていないため、モロッコで実施されている検査と同様の鼻腔咽頭拭い液による検査を受けた上で、英語または仏語の陰性証明書を紙で提出することを推奨する。

②旅行者衛生フォーム(Fiche Sanitaire du Passager)
・必要事項、特にモロッコ入国後10日間に連絡可能な住所と電話番号2つを記入する必要がある。
②旅行者衛生フォーム(Fiche Sanitaire du Passager)
・必要事項、特にモロッコ入国後10日間に連絡可能な住所と電話番号2つを記入する必要がある。
・下記ののリンクからダウンロード可能。
https://www.onda.ma/form.php

モロッコ特集

おすすめスポット

①シャウエン旧市街
首都のカサブランカより北にある小さな町シャウエンのメディナ(旧市街)は「青い街」として有名なスポット!
青い壁が特徴ののメルヘンな街並みは撮影スポット間違いなし。街は小高い丘に建っているため、遠景での撮影もおすすめです。

②メルズーガ大砂丘
サハラ砂漠の砂丘。
オレンジ色がかかった細かな砂は、よくイメージする砂漠そのもの。
集落から離れたホテルでは砂漠の静けさの中で滞在することが出来ます。
朝方や夕方は太陽の光で綺麗に見えるとのこと。
また、ラクダやバギーに乗るアクティビティもございます。

③ジャマエルフナ広場
モロッコと言えば、街中にあるマーケットを思い浮かべる方もいらっしゃるのではないかとないでしょうか。
昼は大道芸人などのパフォーマー、夜はクスクス等の屋台が出店しており、一日中楽しむことができるマラケシュの定番スポット。

おすすめグルメ

①クスクス
世界で一番小さいパスタ。モロッコでは毎週金曜日のランチににクスクスを食べる習慣があるんだとか。2段の鍋を使い、肉や魚を入れスープを作る鍋の上段にクスクスを入れて蒸し、スープをかけて食べる方法が伝統的です。

②タジン料理
とんがった帽子のような鍋を使って作る料理。日本でも流行していたため「タジン鍋」を知っている方も多いのではないでしょうか。
現地では鶏肉やケフタ(ミートボール)をタジン鍋煮込んだ料理が有名です。

おすすめホテル

①ホテル モリノ ガーデン
シャウエンの旧市街の中心部にあり、散策拠点としても便利なホテル。
ホテルの外観は街並みと同じく青い壁をしております。
ホテルには山の景色を望むテラスを完備。

②メルズーガキャンプ
ラクダに乗って向かう、エアコンやシャワーがないテント形式のホテル。周りは砂漠で囲まれており、非日常体験が出来ます。
人里離れた砂漠の雰囲気を味わいたい方や冒険気分を味わいたい方におすすめです。

モロッコの豆知識

①モロッコの言語
第一言語としてベルベル語・アラビア語、第二言語としてフランス語が使われております。
また、シャウエンなどの国の北部は旧スペイン領であったためスペイン語が通じるところも。都市部やホテル等では英語も通じます。

②モロッコでの女性の服装
モロッコはイスラム教の国ですが、サウジアラビア等とは違い、ジーンズやTシャツを着ている方も多いです。
現地の住民の服装を参考に、夏場に薄着をする際は、胸元が透ける服やショートパンツは避けましょう。
但し、モスクに入る場合はストールやスカーフを着用し、長袖長ズボンのような素肌が出ない服装をしましょう。

モロッコの基礎知識

①フライト時間
日本から直行便が就航しておりませんので、ヨーロッパや中東で乗り換える必要がございます。所要時間は18時間~。

②時差
日本より8時間遅れ。サマータイム期間中(3月下旬~4月末)は9時間遅れになります。

③気候・ベストシーズン
夏は日本より湿度が低いものの40度近くの高温になる砂漠気候のモロッコ。
観光のベストシーズンは夏を避けた3月~5月の春またはは9月~11月の秋です。
その他、砂漠で星空を楽しみたい場合は新月を狙うのもおすすめです。

ツアーの特徴

どのツアーもご希望に合わせてアレンジ自在
”CAN”ツアーはあなたがしたい旅を実現します。

お気軽に
お問合わせください
03335252000333525200
10:00~17:00
(土日祝日 休業)