ツアーTOUR

ファミリー趣味の旅

南アフリカ共和国特集

南アフリカ最大の都市「ヨハネスブルグ」。
ゴールドラッシュで発展したこの都市は、アフリカ経済の中心で在り続けています。
エネルギッシュな雰囲気に満ち溢れ見どころも多くありますが、未だ危険な都市として名前が挙がることも少なくありません。安全に観光できる名所をご案内!!

アフリカ/海外

南アフリカ出入国条件

▼日本から南アフリカへの入国条件

【一部解禁】
①入国時に有効なワクチン接種証明書、
または出発前72時間以内に取得したPCR検査陰性証明書


▼南アフリカから日本への出国条件

【規制あり】
◎PCR陰性証明で帰国可能(ワクチン接種3回を条件に日本隔離無し)

【必要書類】
①出国前72時間以内に検査を受けた新型コロナウイルス陰性証明書の提出(厚生労働省規定のフォーマット)
②誓約書の記入
③入国時の新型コロナウイルス検査
④質問票の提出
➄必要アプリのインストール

※最新の情報は各WEBサイトなどで必ずご確認ください。

南アフリカ特集

南アフリカおすすめ観光地

【カールトン展望台】
エネルギッシュな町並みを一望するなら相応しい、50階建ての高層ビル。360度の見事なパノラマで楽しめます。治安の悪いダウンタウンにあるためツアーや観光バスを利用しよう!!

【アパルトヘイトミュージアム】
「白人(WHITES)」と「白人以外(NON-WHITES)」に分けられたミュージアムの入口は、人種という括りで差別される理不尽さを実感する造りとなっています。人種隔離政策について深く考えさせられる施設です。


【コンスティテューション・ヒル】
刑務所として使用されており、現在は最高裁判所となっております。「ナンバー4」と呼ばれる刑務所をガイド付きで見学することができます。

南アフリカおすすめ飲食店

【PATA PATA】
Jazzとアフリカ料理が楽しめるお店。ガイドブックにも多く取り上げられる人気店なので大人数で行くとき予約必須。肉料理中心のアフリカ料理が楽しめます!

【Habesha】
過去に多くのエチオピア人が住んでいて、いくつかエチオピア料理が楽しむことができます。他にもワインもエチオピアコーヒーも、ベジタリアンメニューもあります。

【The Greenhouse】
モダンタパスと銘打ったフードメニューは、肉料理、地中海料理に並んで、日本人好みの食べ物も多く用意しております。夜はDJがナイスな音楽を流していて、体を動かすにも最適です!

南アフリカおすすめホテル

【ミケランジェロ タワーズ ラグジュアリー スイート】
全室スイートルームのラグジュアリーホテル。有名なネルソン マンデラ像のある広場を見下ろすように建っています。

【ヒルトンサントン】
美しい庭園に囲まれ絶好のロケーションにあり位置しております。ショッピング街やヨハネスブルグ証券取引所へのアクセスも便利で、ビジネス、レジャーのお客様共に理想的な拠点としてご利用いただけます。

【ピアモント モンディオール】
ヨハネスブルグ空港の隣、エンペラーズパレス&カジノ複合施設の中にある4つ星ホテル。随所にアフリカ風の装飾が施されており旅行気分を存分に味わえるホテルとなっています。

南アフリカ豆知識

✅首都は1つではない?!
南アフリカには「プレトリア」「ブルームフォンテン」「ケープタウン」の3つの首都があります。ヨハネスブルグが首都は首都ではございません。

✅歩いていれば野生の動物に会える?!
アフリカ=野生動物と連想されがちですが、道路はしっかりと整備されているため、道端にはいません。「ゲームリザーブ」という保護地域にて確認することができます。

南アフリカ基本情報

①人口
約5931万人

②宗教
約80%がキリスト教

③通貨
ランド
※1ランド=約8.6円

④生活情報
水道水も飲むことはできますが、ご旅行中はミネラルウォーターをお飲みください。

⑤習慣
ホテル:客室1名あたり1米ドルか10ランド、
レストラン:料金の10%

ツアーの特徴

どのツアーもご希望に合わせてアレンジ自在
”CAN”ツアーはあなたがしたい旅を実現します。

お気軽に
お問合わせください
03335252000333525200
10:00~17:00
(土日祝日 休業)