ツアーTOUR

海外ボランティア体験・交流

【交流ボランティア】
2つのスラム街を訪問!フィリピン・セブ島4日間

こんな人におすすめ
・国際交流に興味がある方
・海外のボランティア活動に興味がある方
・貧困問題の現状や原因を知りたい方

アジア/海外

ツアーポイント

ツアーポイント

ツアーのおすすめポイント

①1日で2つのスラムに訪問!
午前中は「墓地スラム」午後は「山村スラム(別名:山岳スラム)」に訪問します。
※当日の現地状況により訪問場所の順番が前後する事もございます

②貧困層の人々のリアルな暮らしを知り、貧困問題について考えよう!!

③セブ市内観光付き !
2日目は市内観光を巡る自由行動日を設定しています。せっかくセブへ来たなら観光も楽しみたい!という方も移動は専用車で移動し各観光地を巡ります。

④1名様から参加可能!

セブボランティア・交流ツアー3泊4日プラン 日程表

■日程表
1日目

●成田空港(PR433便・エコノミー・14::40発)→ セブ(18:50着)
→ 空港到着後、専用車でホテルへ移動
夕食:ホテル内、レストランにて、ブッフェタイプの食事を用意しております。
---------------------------------------------------
◇宿泊先:セブ
◇ホテル:「クエストホテルセブ」スーペリアクラス
◇食事:朝× 昼× 夕◯
2日目

ホテルにて朝食
朝食後、専用車で移動

セブ市内観光

(約4時間) *サンペトロ要塞、マゼランクロス、サントニーニョ教会、モール
*モールはSMセブを想定しております。
ホテルへ移動
夕食:フィリピン料理をお楽しみください。
---------------------------------------------------
◇宿泊先:セブ
◇ホテル:「クエストホテルセブ」スーペリアクラス ◇食事:朝○ 昼〇 夕○
3日目

ホテルにて朝食

<午前>

墓地スラム訪問

(約2.5時間)
*スラム内の広場スペースにて住民達との交流(相互の代表が挨拶)、お菓子配り、炊き出し、住居見学と住民コミュニティーへのインタビュー

<午後>

山村スラム訪問

(約2.5時間)
*子供たちとバスケなどで交流、お菓子配り、住居見学と住民コミュニティーへのインタビュー

ホテルへ移動
夕食:フィリピン料理をお楽しみください。
---------------------------------------------------
◇宿泊先:セブ
◇ホテル:「クエストホテルセブ」スーペリアクラス ◇食事:朝○ 昼× 夕×
4日目

朝食はチェックアウト時にBOXをご用意します。
その後、ホテルから空港までご移動
●セブ(PR434便・エコノミー・08:00発)→ 成田(13:40着)
---------------------------------------------------
◇食事:朝○ 昼× 夕×


■基本旅行代金(おひとり様あたり)
【催行日①:7月25日(木)~7月28日(日) 】
2名1室利用:197,000円
募集期間:5/24(金)


■基本旅行代金(おひとり様あたり)
【催行日②:8月1日(木)~8月4日(日)】
2名1室利用:220,000円
募集期間:5/24(金)


●基本旅行代金に含まれるもの
往復航空券代、宿泊代 、空港からホテルまでの往復送迎、2日目、3日目の専用車、日本語ガイド、ホテル(ツイン)、記載の各食事、セブ市内観光入場料、スラム訪問代、その他、記載の内容アレンジ費用
●旅行代金に含まれないもの
記載のない観光・お食事(2日目の夕食)、ドリンク代・チップ等の個人支出。

スラム街の現状と人々の生活を知るスラム訪問①~墓地スラム訪問~

墓地スラム訪問

富裕層の中国コミュニティにより造られた墓地で暮らしている人々の生活を見に行きましょう。実際に現地に住んでいる方々からお話を伺い、どんな暮らしをしているのか教えてもらったり、反対に日本の生活を現地の方に話してコミュニケーションを図ります。子供たちの交流時間では炊き出しのサポートやお菓子配りも行います。

【体験内容】
墓地スラム:スラム内の広場スペースにて住民達との交流、お菓子配り、炊き出し、
住居見学と住民コミュニティーへのインタビュー

スラム街の現状と人々の生活を知るスラム訪問②~山村スラム訪問~

山村スラム訪問

山村集落は元市内のスラムに住んでいた家族が移り住んだ集落で、行政命令で海上や都市部のスラムから移住させられた人も多く存在します。子どもたちに興味を持ってもらうための交流を考え、ご参加いただくのもお勧めです!(例:日本で流行っているダンス・折り紙、日本の文化など)

【体験内容】
子供たちとバスケなどで交流、お菓子配り、住居見学と住民コミュニティーへのインタビュー

現地NPO法人団体

セブ国際ボランティア団体 Sustainable Livelihood Projects Cebu (SLPC)

2006年の設立から20年近く活動している、日本人が創立したボランティア団体。フィリピンのセブ島に住む、貧困層の子供たちに「食事」「教育」「職」を提供することを目的として発足さました。セブ島の貧困層の子供たちに対するボランティアを行っています。 SLPCの情報はこちら

セブ市内観光

サンペトロ要塞

フィリピン最古で最小の三角形の要塞。1565年、スペイン総督レガスピの指示により建設が始まり、完成までに約200年を要し、1738年に完成。1700年代にはイスラム教徒の海賊の見張り台として、 アメリカ占領時代は兵舎として、日本が占領している戦時中には牢獄または捕虜収容所として使われていた。現在は一般開放されており要塞内には博物館がある。サンペドロ要塞を含む一帯は「独立広場(Plaza Independencia)」と呼ばれる公園で、市民の憩いの場所にもなっている。

マゼランクロス

セブ市役所 (Cebu City Hall)前のスグボ広場にあるマゼランクロスは1521年、フィリピン最初のキリスト教徒となったフマボン王とファナ女王、臣下400人が洗礼を受けた場所にマゼランが建てた木製の十字架。奇跡を呼び、万病に効くと信じた人々が十字架を削りとるようになったため、十字架の全壊を防ぐ目的で、1834年には八角堂が造られ、十字架も外側部分を木で覆うようになった。 八角堂の天井には、当時の洗礼儀式の様子を物語る美しい絵画が一面に描かれている。こちらには毎日幸せを願う人々がたくさん訪れている。

サントニーニョ教会

1565年にスペインの植民者レガスピとウルダネタによって建てられたフィリピン最古の教会。1568年に焼失、1602年再建、1628年再度破壊、1740年に再建修複されたという歴史がある。2013年に発生した地震でも一部が崩壊したが、現在は復旧済み。教会の守護聖人サントニーニョ (幼きイエスキリスト像)は、ポルトガル人の探検家フェルディナンド・マゼランがファナ女王に贈ったものといわれている。レガスピらがもたらした戦火のなかでも無傷だったと言われ、以来人々はこの像を奇跡の守護神として崇拝するようになり、今でも毎日、多くの信者が訪れている。 1965年にはローマ法皇よりバシリカミノレ(教会堂)の称号を与えられ、バシリカ・ミノレ・デルサントニーニョ (Basilica Minore del Sto. Nino) と尊称されるようになった。毎年1月の第3日曜には、サントニーニョの祭典「シヌログ祭り」が行われ、フィリピン各地から大勢の人々が集まり、大変な賑わいを見せる。

ショッピングセンター「SMモールセブ」

500以上の店舗数を誇る、セブ島の大型ショッピングセンター。
庶民的なお店からおしゃれなお店まで幅広いラインナップを取り揃えています。
フードコートでは、フィリピン料理の他にも日本料理やファーストフードなどを楽しむことが出来ます。

宿泊ホテルについて

クエストホテルセブ

セブ市内に位置する白を基調とした外観が特徴のホテル。
徒歩圏内にショッピングセンターがあり、滞在拠点としてもお勧め。
客室はシックな色合いのファブリックにダークブラウンの木製家具を配した上品で落ち着いたインテリアが特徴で、落ち着いた空間での疲れた体を癒すことが出来ます。

旅行条件

旅行条件

<ツアーについて>
■利用航空会社:フィリピン航空
■利用ホテル:クエストホテルセブ
■最少催行人員:30名(1名様からお申し込みができます)
■添乗員:なし
■現地ガイド:日本語ガイド
■基本旅行代金に含まれるもの:往復航空券代、宿泊代 、空港からホテルまでの往復送迎、2日目、3日目の専用車、日本語ガイド、ホテル(ツイン)、記載の各食事、セブ市内観光入場料、スラム訪問代、その他、記載の内容アレンジ費用
■旅行代金に含まれないもの:記載のない観光・お食事(2日目の夕食)、ドリンク代・チップ等の個人支出。
■取消料:お問い合わせください。
■その他:掲載されている画像はイメージまたは一例となります。

お申し込みの際の注意点

【活動について】
・天候により訪問施設、活動場所が変更となる可能性がございます。
・スコールの時期は時間を変更、または短縮などし実施をする可能性がございます。
・日程表掲載の各地の発着時刻はホテルを起点とした標準的な目安です。また、観光及び移動時間の所要時間もあくまで目安です。季節、天候、曜日、宿泊ホテルの立地、政府関連の行事などの現地事情によりスケジュールが変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

【ホテル宿泊時のお預かり金(デポジット)について】
ホテルチェックインの際に、ホテル側から滞在中の保証としてクレジットカードでデポジット(預かり金)をいただく制度があります(金額はホテルにより異なります)。そのため、ご宿泊者様名義のクレジットカードをお持ちいただく必要がございます。デポジットはお客様がお部屋でご利用になったものにあてられますので、チェックアウト時にまとめて精算・返金されます。

【渡航条件】
◆パスポート有効残存期限
フィリピン滞在日数+6か月以上のもの ※日本国籍の場合に限る。
◆査証(ビザ)
取得不要※日本国籍の場合に限る。
大使館(領事館)またはホームページより、お客様各自でご確認およびご取得をお願いします。
※査証(ビザ)取得にあたっての必要書類、申請費用は予告なく変更する場合がございます。

【「eTravel」登録】
フィリピンに渡航する全ての渡航者は、航空機への搭乗前に「eTravel」に登録する必要があります。登録は、フィリピン到着前の3日(または72時間)以内に行うことができます。登録は無料です。「eTravel」の登録に関しては、お客様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。

ツアーの特徴

どのツアーもご希望に合わせてアレンジ自在
”CAN”ツアーはあなたがしたい旅を実現します。

お気軽に
お問合わせください
03335252000333525200
平日 9:50-18:30 
土曜 9:50-15:30
(日曜祝祭日休業)