ツアーTOUR

いいなキャンの日 特集

沖縄旅行特集

国内旅行の人気NO1といえば沖縄。日本で南国気分が味わえる人気の観光地です。本島はもちろん、離島の石垣島などアクティビティからグルメ、ショッピングなど見所が満載です!沖縄のおすすめ観光スポット、グルメなど沖縄の魅力をご紹介します。

国内

国内旅行人気NO1!沖縄旅行特集

観光地

★①首里城
沖縄県那覇市にある県内最大の木造建築物「首里城」。世界遺産にも指定され沖縄のシンボルというべき存在です。
※2019年10月31日の首里城正殿の火災により首里城公園は臨時休園・休場していましたが、11月5日より一部施設が開園しております。

②沖縄美ら海水族館
年間270万人が訪れる人気の水族館。那覇から車で約2時間。世界最大の水槽に泳ぐジンベイザメ、マンタが人気です。
③国際通り
お土産、ショッピング、グルメなど沖縄の魅力が詰まった観光通りで観光客に人気です。

★離島
①石垣島
石垣島は本州からの直行便もありアクセスもよく人気の島です。石垣島で人気のスポットは絶景の川平湾です。白い砂浜と海のコントラストが印象的です。
石垣島ではダイビングや、夜になる星空観賞もおすすめです。本州ではみることができない南十字星をみることもできます。

②宮古島
宮古島も本州から直行便もあり人気の島です。宮古島の観光スポット、与那覇前浜(よなはまえはま)は東洋一美しいビーチといわれています。日本のグレートバリアリーフといわれる巨大なサンゴ礁「八重干瀬(やびじ)」も、一生に一度は見たい絶景のひとつです。

③古宇利島(こうりじま)
CMやドラマのロケ地で利用される美しい古宇利島。全長1,960mの古宇利大橋が開通したことで沖縄本島から車で行ける離島になりました。別名「恋の島」とも言われています。島の周囲にはハートの形をした「ハートロック」などカップルに人気です。

沖縄本島のツアーは↓↓

グルメ

沖縄に行ったら是非食べて欲しい人気グルメをご紹介します。

①「沖縄そば」
豚の三枚肉やかまぼこのトッピングに加え、麺には蕎麦粉ではなく小麦粉を使用しスープは豚骨ベースやカツオベースが多いことで知られる沖縄県民のソウルフード。トウガラシを泡盛に漬け込んだ「コーレーグース」や紅しょうで味に変化をつけて楽しめます。

②アグー豚
沖縄在来種の黒豚で、やわらかな肉質ととろける脂の甘みが特徴の「アグー豚」。生産数が限られているため「幻の豚」とも呼ばれています。
アグー豚のとんかつ、焼き肉、しゃぶしゃぶなど、幻の豚の味をご堪能くださいませ。

③沖縄料理
沖縄料理といえばチャンプルー(野菜や豆腐の炒め物)、ラフテー(角煮)など、塩や味噌、鰹や豚の出汁を使い味付けするのが特徴です。沖縄料理の店では島らっきょうや、海ぶどうなどが楽しめます。

④泡盛
お酒好きの方には言わずと知れた泡盛でしょう。お米を原料としますが、泡盛の特徴ともなる原料・黒麹との相性がよいためなんとタイ米を使用しているそうです。泡盛は蒸留酒なのでアレンジも多様です。沖縄ではそのまま飲む方も多いのですが、水割り・オンザロック・お湯割り・炭酸割り・カクテルなど、シーンを選びません。カロリーも低いので女性にも優しいお酒です。

沖縄離島のツアーは↓↓

ホテル

沖縄で一度は泊まりたい人気のホテルをご紹介。

①ハレクラニ沖縄
ハワイ・ワイキキの人気ホテル「ハレクラニ」の世界で2軒目のホテルとして、2019年7月26日に沖縄・恩納村に開業。「ハレクラニ」とはハワイ語で“天国にふさわしい館”という意味だそうです。天国のような宿泊体験を是非。

②ザ・リッツカールトン沖縄
世界最大規模のチェーンブランドのリッツ・カールトン沖縄。接客に定評があり満足の高い宿泊サービスを提供しています。琉球のシンボルとなっている“首里城”の赤瓦と白い城壁などをモチーフとした『沖縄らしさ』を感じることができるホテルです。

③ザ・ブセナテラス
沖縄県名護市にある「ザ・ブセナテラス」。滞在型のリゾートホテルとして人気です。どの部屋からも海がみえ、リゾート内には海中展望塔があり海の中をみることができます。最高のリゾートライフを沖縄で体験したい人にはおすすめです。

④ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
石垣島最大級の9万坪の敷地にあるリゾートホテルです。南国ガーデンやプールサイドでリラックスしたり、スパ、エステもあり心も体も癒され、テニスやマリンスポーツなどもあり、あらゆるレジャーも楽しめます。

沖縄離島のツアーは↓↓

沖縄とっておき情報

沖縄のインスタ映えする最新スポットをご紹介!
①東南植物楽園(とうなんしょくぶつらくえん)
東南植物楽園は本島中部の沖縄市にある植物園。広い園内の中でも特に、国内最大級の特大オブジェ「ブーゲンタワー」は見逃せないフォトスポットです。

②くちどけ滑らかレインボーのかき氷
ブルーとイエローの外観が目印の田中果実店(たなかかじつてん)では、カラフルなレインボーかき氷「シェイブアイス」がインスタ映えすると女子に人気!かわいい色合いにかき氷を是非お楽しみください。

③ウッパマビーチのどこでもドア?
今帰仁村にあるウッパマビーチにはピンク色のドアがインスタ映えスポットとして話題に!ビーチハウスのものですが、気軽に撮影OKです。お店の人に声をかけて写真にとりましょう!

④古宇利(こうり)大橋
「恋の島」とも呼ばれる古宇利島に繋がる全長1960メートルの古宇利大橋。橋の両側に広がる海をいれてダイナミックな写真をとりましょう。レンタサイクルでこの大橋を走り抜けるとより迫力があります。

沖縄本島のツアーは↓↓

基本情報

沖縄の基本情報
■アクセス
羽田~那覇のフライトで約2時間半。
LCC(格安航空会社)の沖縄便就航もあり。
離島にも大都市圏からは直行便もあります。

■気候
沖縄本島の気候は亜熱帯気候で1年を通じて暖かく、平均気温は20℃を超え、冬でも10℃以下になることはありません。梅雨の5月上旬から6月中旬までと9月は台風が多いため注意が必要です。

■シーズン
4月中旬から10月中旬が海やプールで泳げるのでベストシーズンです。

■方言 知っておくと旅が楽しくなるかも。

ちばりよー【意味】がんばれ
まーさん 【意味】おいしい
めんそーれ【意味】いらっしゃいませ
はいさ~い【意味】こんにちは(女性は「はいた~い」)
いちゃりばちょーでぇー 【意味】であった者はみな兄弟

沖縄本島のツアーは↓↓

ツアーの特徴

どのツアーもご希望に合わせてアレンジ自在
”CAN”ツアーはあなたがしたい旅を実現します。

お気軽に
お問合わせください
03335252000333525200
平日 9:50~18:30
土 9:50~15:30