ツアーTOUR

いいなキャンの日 特集

プーケット特集

“アンダマン海の真珠”と呼ばれるタイ最大の島、プーケット。エメラルドグリーンの海と白砂が輝く砂浜でビーチ生活を満喫できること間違いなし!!

アジア

タイ出入国情報

▼タイへの入国条件
隔離なしで観光目的の入国が可能
隔離免除には、タイランドパス申請の際に以下のどちらかを提出する必要がある。※6月以降は入国規制がさらに緩和され、タイランドパスの制度も廃止される見込み

【タイへの入国】
①ワクチン接種証明書(渡航日の14日前までに必要回数のワクチン接種を完了している必要がある)
②渡航前72時間以内に発行されたRT-PCR検査による新型コロナウィルス非感染証明書

入国に必要な手続きは以下の通り
・渡航日の7日以上前にタイランドパスの申請
・タイランドパスの申請には以下の書類が必要

パスポートの写し
ワクチン接種証明書(英文)、または渡航前72時間以内に発行されたRT-PCR検査による新型コロナウィルス非感染証明書
医療費保証10,000USドル以上の治療補償がある医療保険証

※搭乗カウンターおよびタイ入国手続きでタイランドパス申請時に発行されるQRコードが必要
※タイランドパスの申請、政府認定のホテル予約およびコロナ医療保険の購入は、基本的にタイ語または英語で行う必要があるため、旅行代理店のパックツアーを利用し、申請、ホテル予約および保険購入は代行依頼することを推奨
※11歳未満の場合、ワクチン接種証明書の提示は不要だが、保護者と共に渡航しなければならない
※12~17歳の場合、1回以上ワクチンを接種していればワクチン接種完了者として認められ、一人で渡航可能。ワクチン未接種の場合は保護者と共に渡航しなければならない
※新型コロナウイルス感染歴がある場合、感染判明日より14日間後であれば渡航可能。ただし、 感染後3ヶ月以内にタイへ渡航する場合、医療機関より発行された治癒証明書・健康診断書の提示が必要


ワクチン未接種、もしくは必要回数の接種が完了していない者で渡航前にRT-PCR検査を実施しない場合も入国可能だが、入国後にAlternative Quarantine (AQ) ホテルでの5日間の隔離、および隔離終了前に検査が必要。

対象者はタイランドパスの申請の際、以下の書類が必要
パスポートの写し
AQホテル5泊分の予約確認書(空港送迎(片道)、RT-PCR検査1回分 (4-5日目に実施)の費用が含まれている必要がある)
医療費保証10,000USドル以上の治療補償がある医療保険証


【タイから日本への入国】
PCR陰性証明で帰国可能(ワクチン接種3回を条件に日本隔離無し)
①出国前72時間以内に検査を受けた新型コロナウイルス陰性証明書の提出(厚生労働省が指定するフォーマット)
②誓約書の記入
③入国時の新型コロナウイルス検査
④質問票の提出
➄必要アプリのインストール

最新の情報は各WEBサイトなどで必ずご確認ください。

プーケットのおすすめ観光地

①パトンビーチ
タイ屈指のビーチリゾートで南の楽園そのもの。海は浅いので、小さなお子様連れの方や泳ぎに自信が無い方でも安心。パトンビーチ内ではパラセーリングやジェットスキーなどのアクティビティもあり、プーケット島の海を思いっきり満喫したい方にもおすすめ。

②ナイハンビーチ
西海岸に面した自然豊かでとても静かなビーチ。シリナート国立公園の一部で、浅い海には美しいサンゴ礁が広がる。少しディープな雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

③ワット・シャワン寺院
プーケットタウンから南西に位置し、プーケットで最も信仰を集めているタイ式の仏教寺院。寺院内には中国移民の反乱を鎮圧した3名の高僧の像が飾られています。健康・商売・学業などが奇跡的に叶うと名高い寺院なので、気になることがある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

プーケット行き航空券はこちら↓↓

プーケットおすすめグルメ

①マンゴースティッキーライス
ちょっとしょっぱいモチモチな餅米を、甘いマンゴーとココナッツミルクと一緒にいただくタイの定番お菓子。

②トムヤムクン
フカヒレスープ、ブイヤベースに続く世界三大スープ。魚介をベースとし辛味と酸味が混じり合う、タイ料理の定番スープです。

③グリーンカレー
タイ料理のゲーンと呼ばれる多様な汁物の中で、香辛料を利かせた料理。数多くの香辛料やハーブをすり潰したペーストを炒めてココナッツミルクやナンプラー、砂糖、野菜、エビや魚を加えて煮込んで作ります。

プーケット行き航空券はこちら↓↓

プーケットおすすめホテル

①カタタニ プーケット ビーチ リゾート
ビーチ沿いに広がるガーデンは、大きなプールと相まって南国リゾートらしさを演出。客室モダンで落ち着いたデザイン。ビーチサイドには家族でもゆったり泊まれる広めのお部屋があり、バルコニーからはプール越しに海が望めます。静かで落ち着いた雰囲気です。

②ダイヤモンド クリフ リゾート アンド スパ
パトンビーチを代表する老舗のホテル。日本人スタッフも数名常駐していますので、言葉に不安のある方でも安心して滞在できます。天蓋付きのベッドを使ったお部屋も多く、南国ムードを盛り上げてくれます。ほとんどのお部屋から海が望めるのがうれしいポイント。

③ル メリディアン プーケット ビーチ リゾート
ビーチの左右を小山と岩場に挟まれ、プライベートビーチ感覚を楽しめます。魅力はプーケットで最大面積を誇るプール。日本人向けのサービスも充実しており、ご家族連れのお客様にもおすすめです。

プーケット行き航空券はこちら↓↓

プーケットの豆知識

①タイの屋台で使われる調味料
タイの屋台のテーブルでは、クルワンプルーンという調味料があります。クルワンプールとは主に砂糖、ナンプラー、粉とうがらし、お酢の4種類で構成されております。

②タイではみんな立ち止まる時間がある。
毎日朝8時と夕方6時に国歌が流れます。地域や場所によっては公園などの公共の場で、国歌が流れるとみんなその場で直立不動に立たないといけない。歩いてる人もいるようですが、周囲に合わせて行動して下さい。

プーケット行き航空券はこちら↓↓

プーケットの基本情報

①フライト時間
日本から直行便はなく、バンコク経由で乗り継ぎ時間含め約9時間。

②ベストシーズン
ベストシーズンは11月~3月。平均気温が20℃~30℃。ショッピングモールやレストランなどはエアコンが効きすぎていることもあるので、念のため上着や、ストールを1枚持っておくと安心です。

③市内までの移動手段
・タクシー⇒プーケットタウンまで約40分ほど。【650THB】
・ミニバス⇒主要ビーチまで運行している乗り合いのエアポートバス。各ビーチまで約60分。【150~200THB】
・エアポートバス⇒アウトレットモールやビッグCなどを経由しプーケットタウンまで運行。60~90分間隔で運行。【30~100TBH】

1THB=3.40 ※日によってレートが変わります。

プーケット行き航空券はこちら↓↓

ツアーの特徴

どのツアーもご希望に合わせてアレンジ自在
”CAN”ツアーはあなたがしたい旅を実現します。

お気軽に
お問合わせください
03335252000333525200
10:00~17:00
(土日祝日 休業)