ツアーTOUR

世界遺産絶景ビーチリゾート

オーストラリア特集

広大な大地に広がる、美しい自然。世界中でもここでしか出会えない動植物。そして、世界遺産として17箇所も登録がある大自然がいっぱいのオーストラリア。今回はそんなオーストラリアの基本情報や魅力をご紹介します!

オセアニア

オーストラリア出入国条件

観光・ビジネス共に入国可

▼オーストラリアの入国条件
2022年2月21日から、ワクチン接種を完了した全ての査証保有者は隔離なしでのオーストラリアへの渡航が可能となりました。

1.英文ワクチン2回接種証明書の掲示 (※一部の州は必要なし)
2.州ごとに定められている到着後のRAT検査(自己抗原検査)、またはPCR検査
3.渡航申告(Digital Passenger Declaration)

▼入国前に日本で必要な手続き
①ETAの取得
②Digital Passenger Declaration (DPD) の申請

▼出国時に必要な手続き
①出国前72時間以内に検査を受けた新型コロナウイルス陰性証明書の提出
②誓約書の記入
③質問票の提出
④必要アプリのインストール(COCOA(接触確認アプリ)、MySOS等)

入国する州により規制は異なります。条件がアップデートされている為、最新の入国条件については政府サイトよりご確認下さい。

オーストラリア特集

オーストラリアのおすすめ観光地

①エアーズロック/ウルル
エアーズロックは、多くの人がその名前を知る、オーストラリアを代表する観光スポットの1つです。時間によって色を変える壮大で優美な姿は他では見ることのできないその大きさと光景、特にサンセット時に夕日を浴びてその岩肌を赤く色を変えていく光景はまさに圧巻です。

②グレートバリアリーフ/ケアンズ
世界最大のサンゴ礁にして、スキューバダイバーなら一生に一度は訪れてみたい憧れの海です。400種類以上、3,500を超える珊瑚礁には約1,500種の魚やジュゴンを含む30種類の海洋哺乳類などが住んでいます。スキューバダイバーなら必ず訪れたいスポットです。

③キュランダ/ケアンズ
ユネスコ世界自然遺産に認定された世界最古の熱帯雨林地帯。110年以上の歴史を持ち、壮大な滝を望むクラシカルなキュランダ高原列車に乗り、大自然を楽しむのがおすすめです。

オーストラリアのおすすめグルメ

①フィッシュアンドチップス
オーストラリアグルメの代表格のスナックです。タラなどの白身魚のフライとフライドポテトを一緒に盛り付けたものです。

②ミートパイ
おやつや軽食にもおすすめのミートパイ。牛挽き肉だけでなく、ラム挽き肉を使ったミートパイがあるのが特徴です。

③チキン・シュニッツェル
元々はドイツで生まれた料理、日本で例えるならカツレツによく似た料理。サクサクとした衣の触感と肉のジューシーさが自慢でレストランで気軽に食べられる一品です。

オーストラリアのおすすめホテル

①デザート ガーデンズ ホテル/エアーズロック
「ガーデンビュー」、「デザートデラックス」、「デラックスロックビュー」の3種類の客室から成り最も部屋数の多いベーシックな客室は「ガーデンビュー」と呼ばれ、2階建ての客室棟の1階となっています。中でも「デラックスロックビュー」の客室は、唯一エアーズロックが見える客室となります。【ハネムーンやカップルにおススメ】

②パームバンガロー/グレートバリアリーフ周辺
グレイト バリア リーフのなかでも便利なハミルトン島に位置しており、キッチンがついたバンガロー風のホテル。価格、快適さと利便性のバランスに優れています。トロピカルガーデンに囲まれているので、野生動物に出会えるかもしれません。【カップルやファミリーにおススメ】

オーストラリアの豆知識

①オーストラリアの飲料水について
日本では水道水を飲む習慣はありませんが、オーストラリアは全土を通じて水道水を飲むことができます。オーストラリアは日本より乾燥しているので、こまめに水分を取りましょう。

②ショッピング
オーストラリアで買い物で使うお金は、ドルもしくはセントを使います。紙幣は、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルの5種類あり、硬貨は、5セント、10セント、20セント、50セント、1ドル、2ドルの6種類があります。買い物をする際は100ドルのような大きな紙幣は使い勝手が悪いので、20ドル、もしくは50ドルに変えておきましょう。

オーストラリアの基本情報

①フライト時間
成田空港からシドニーまで約9.5時間
ゴールドコーストまで約8.5時間
ケアンズまで約7時間。

②オーストラリアの気候
南部の州は比較的涼しい冬があるのに対し、北部の州はほとんど常に暖かな気候に恵まれています。オーストラリアは日本と同じく四季があり12月から2月は夏、3月から5月は秋、6月から8月は冬、9月から11月は春です。

③オーストラリアの電圧
オーストラリアの電圧は220/240V(日本の電圧は110V)、周波数は50Hz。プラグはOタイプです。オーストラリアと日本ではコンセントの形状が違いますで、必ず変換アダプターを持っていきましょう。

ツアーの特徴

どのツアーもご希望に合わせてアレンジ自在
”CAN”ツアーはあなたがしたい旅を実現します。

お気軽に
お問合わせください
03335252000333525200
10:00~17:00
(土日祝日 休業)