ツアーTOUR

趣味の旅

ソウル駅からKTXに乗って食の都、全羅道(チョンラド)に行ってみよう!

韓国の南西部に位置する全羅道(チョンラド)は韓国の中でも食の都と呼ばれています。他の地域に比べて味が濃く、おかずの数も多いと有名な全羅道。光州の松汀ではトッカルビ。そして、昔の街並みを楽しむことが出来る全州では全州ビビンバまで。そんな『食の都』全羅道にKTXで行ってみませんか。

アジア

韓国 全羅道(チョンラド)がどこに位置するかご存じですか?
右地図にもございます通り、韓国の南西部に位置する全羅道はソウルから
約260㎞(ソウルから光州までの距離)離れております。
そんな全羅道は韓国の中でもご飯がおいしく『食の都』と呼ばれています。
そこで今回は全羅道でしか味わえない、おいしいご飯や食べ方をご紹介いたします。

基本情報

■全羅道(チョンラド)までのアクセス

フライト:
東京からソウルまで直行便で移動した後、
ソウルから光州ならKTX湖南線、全州なら全羅線にご乗車ください。
※高速バスでも移動可

移動時間を考えると午前便にて東京からソウルまで移動されることをおすすめいたします。

◎光州行き
日本⇒ソウル 約2-3時間 ⇒ ソウル駅 ⇒ 光州松汀駅  約2時間 KTX代:約46,100ウォン
※料金は変わる可能性がございます。

◎全州
日本⇒ソウル 約2-3時間 ⇒ ソウル駅 ⇒ 全州駅    約2時間 KTX代:約34,600ウォン
※料金は変わる可能性がございます。

※龍山駅からもKTXにご乗車いただけます。

※成田から務安(全羅南道)への直行便もございます。

全羅道 ご当地グルメをご紹介!

  • 全州ビビンバ
    全州といったらビビンバ!全州ビビンバは韓国の「無形文化財」に指定されている食べ物の1つです。ごはんの上に単におかずを並べるのではなく、配置や色に陰陽五行説の思想が反映されているそうです。全州ではさまざまなおかずと一緒にビビンバを味わってほしいということからかなり多くのおかずがついてきます。

  • サンチュティギム
    光州のローカルグルメと言われているサンチュティギム。韓国人でも光州の人以外は知らない人がほとんど。練り物を油で揚げたものをサンチュに包んで食べるのが光州での食べ方です。写真にもあるように、トッポッキやスンデと一緒に食べてもおいしいですよ。

  • トッカルビ
    光州の松汀ではトッカルビが有名で、専門店が揃うトッカルビ通があるほどです!トッカルビとは、朝鮮風の骨付きハンバーグのこと。味は全く辛くないので、辛いものが苦手な方におすすめしたい一品です。

    ◎トッカルビ通り行き方
    光州松汀駅1番出口から徒歩6分

  • 全州マッコリ
    全州市にはやかんに入ったマッコリを頼むだけで、大量のおかずがでてくることで有名な『マッコリ通り』があります。この中でも一番有名な『三川洞マッコリタウン』は全州韓屋村から車で10分。おつまみはお店によって異なりますが、チヂミ、ナムル、魚介類、焼き魚、キムチ、チゲなどが食卓に並びます。お酒好きな方と一緒にマッコリのお店をハシゴしてみてもいいかもしれないですね。

  • テジカルビ
    光州の市内と呼ばれているチュンジャンノにある『ファンソルチョン(황솔촌) チュンジャン店』をおすすめします。こってりと甘めの味付けにしているテジカルビの専門店です。シメとして肉汁がたまっている鍋の溝で麺を煮込んで食べる『プルサル(불사리)』。これはここチュンジャン店でしか味わうことが出来ない限定料理。光州に行った際はぜひ食べてみてください。
    ◎行き方◎
    地下鉄錦南路4街駅 1番出口から594m
    ◎営業時間◎
    毎日 11:30~23:00

  • ペンギンパン
    光州の観光地として若者に注目されている『ペンギン村』。近代建築の要素を取り入れた伝統家屋が残っていたり、ジャンクアートがいくつかありインスタ映えと訪れる方が多いです。そんな『ペンギン村』にあるカスタードクリームがたっぷりと入ったペンギンパンがかわいいと話題に!10個5000ウォンとかなりお手軽な価格なので試してみてはいかがですか。
    ◎行き方◎
    地下鉄南光州駅 3番出口から676m

  • ユクジョン
    ユクジョンとはお肉のチヂミと呼ばれている食べ物です。近頃は全羅道以外でも食べるようになってきましたが、味が全く違うとか。薄く切った牛肉に衣をつけて焼いて食べるのが一般的です。光州では塩味のパウダー状のものをかけて食べるのですが、何で作られているかは秘密とのこと...。こちらもチュンジャンノにある『大光食堂』で食べることができます。
    ◎行き方◎
    地下鉄文化殿堂駅 3番出口から524m
    ◎営業時間◎
    毎日 11:30~22:00

全羅道 ほかの地域とは違った食べ方をするって本当?

  • スンデ
    スンデとは韓国の屋台でよく食べられ、豚の腸にもち米や野菜、豚の血液を混ぜてソーセジ状にした食べ物です。ソウルをはじめとする大部分の地域では塩をつけて食べますが、全羅道ではチョジャン(コチュジャン+お酢)につけて食べます。

  • コンムルグクス
    他地域では『コングクス』と呼ばれています。コンムルグクスとは、冷たく冷やされた豆のスープに麺を入れた食べ物です。他地域では塩を入れて味を調えると言われていますが、全羅道では砂糖味にして食べる風習があります。

  • 小豆粥
    韓国の小豆粥は、日本でいうおしるこに少し近い食べ物です。全羅道以外の地域は大概塩が多めで味つけがされています。しかし、全羅道ではコンムルグクス同様に砂糖を多めに入れて味を調整するそうです。日本人はおしるこのように砂糖を多めに入れた全羅道の小豆粥が口に合うかもしれませんね。

韓国行きの航空券はこちら

ツアーの特徴

どのツアーもご希望に合わせてアレンジ自在
”CAN”ツアーはあなたがしたい旅を実現します。

お気軽に
お問合わせください
03335252000333525200
平日 9:50~18:30
土 9:50~15:30