ツアーTOUR

趣味の旅

韓国ドラマ ロケ地に行ってみよう!! 第二弾!!

近頃、K-POPの人気が再浮上してきた中で韓国ドラマも負けじと注目を集めています。第一弾同様、厳選した2つのドラマのロケ地についてご紹介させていただきます。以前のように韓国に行けるようになった際には、是非足を運んでみてください。

アジア

完璧な御曹司と有能な秘書のラブコメディードラマのロケ地を巡ろう!

遊園地:エバーランド

御曹司が秘書の心をつかむために1つずつ秘書の夢を叶えていくシーンがありましたね。
その中の1つが貸切った遊園地でデート。そのシーンが撮影されたのはエバーランドという遊園地、動物園、庭園までを楽しめる韓国最大の人気テーマパークです。
龍仁(ヨンイン)にあるため、短期間滞在の方にはおすすめできませんが、長期間滞在する場合は一度足を運んでみてもいいかもしれませんね。


住所  :京畿道 龍仁市 処仁区蒲谷邑 前貸里 310
営業時間:9:30~23:00 
※季節により異なります。
アクセス :龍仁軽電鉄前垈・エバーランド駅 3番出口 シャトルバス約5分
     地下鉄2号線江辺駅 1番出口 左に直進。
公園沿いを進むとある停留所から5700番バスに乗車

料金:1日券   
大人       :56,000ウォン
青少年(満13~18歳) :47,000ウォン
子ども(満3~12歳) :44,000ウォン

ソウル行きの航空券はこちらから ↓↓

カフェ:WHITE BLOCK ART CENTER

第7話にでてくる秘書と見合い相手の人とカフェで食事をするシーン。
大きな窓が印象的だったと思いますが、実際は美術館とカフェの融合されたお店になります。
ドリンクを1杯注文すると、観覧料は無料になるそうです。
広々とした空間のため、子ども連れの方でも安心してゆっくりできると思います。


住所:京畿道坡州市炭縣面ヘイリ村道72
営業時間  カフェ:10:30~19:00(平日)
          10:30~21:00(休日)
      美術館:11:00~18:00(平日)
          11:00~18:30(休日)
観覧料:3,000ウォン(カフェ利用時、無料)


韓国ドラマ ロケ地に行ってみよう!第一弾!の詳細はこちら ↓↓

ギャラリー:意外な組み合わせ(의외의조합)

秘書の自宅は黄色い外階段を上った右手に玄関がありますが、なんとここは1階がカフェ、2階がギャラリーとして一般公開されております。
ドラマの中では建物の壁には看板がないので、撮影時には外していたのでしょうか。
こちらは、ドラマ後半で主人公からヒロインにプレゼントされる牛の大きな人形を受け取った場所でもありますね。


住所:ソウル市中区東湖17道121
営業時間:12:00~18:00
定休日:月曜日


ドラマのロケ地巡りツアーの一覧はこちらから ↓↓

橋:漢灘江空の橋

会社の仲間たちと合宿に行くシーンで御曹司が合流した後、
2人1組になってリボン探しをしましたよね。
御曹司と秘書が雨宿りした後に、仲間たちのもとに帰る際に渡った橋は
韓国のグランド・キャニオンと呼ばれる漢灘江を見下ろすことができる「漢灘江空の橋」で撮影されました。
この橋は漢灘江を横切る唯一の歩行者専用の橋として、韓国でも有名です。

住所:京畿道抱川市

図書館:知恵の森(지혜의 숲)

御曹司と秘書が、とあるエッセイを読み時間を過ごした場所がここ知恵の森です。
知恵の森には1、2、3、がありますが、撮影されたのは知恵の森1だそうです。
本棚が床から天井まで続いているこの図書館は印象に残っている方も多いのではないでしょうか。
実際にこちらはだれでも自由にさまざまな分野の本を読むことが出来る文化空間となっています。
韓国語が読めない方でも奥にはカフェがあるので、雰囲気を楽しむのもいいかもしれないですね。

住所  :京畿道 坡州市 フェドンキル145
営業時間:知恵の森1 10:00~17:00/知恵の森2 10:00~20:00/ 知恵の森3 24時間開放
アクセス:ソウル地下鉄2・6号線合井駅下車、8番出口から歩いて
「ホルト児童福祉会」バス停(駅から徒歩5分)
→ 2200番バス乗車→ 「隠石橋交差点(ウンソクギョサゴリ)」
バス停下車 → 知恵の森まで徒歩5分


韓国で人気のラブコメディードラマのロケ地を巡ろう!

村:ホチョン文化プラットホーム

主人公とヒロインが見つめ合うシーンが撮影されたのは、釜山にありますホチョンマウルです。
このホチョンマウルは夜景が綺麗な場所としても有名で、デートスポットとしても人気を集めています。
バス停から数分歩くと、1つ目の撮影地である「ホチョン文化プラットホーム」があり、ドラマの看板と一緒に撮影することができます。また、ここからの甘川文化村の景色を見ることができます。昼間と夕方で景色が変わりますが、夜景がお好きな方は夕方に行くことをおすすめいたします。

住所:釜山広域市 釜山鎮区 凡川洞 1517-8
アクセス:釜山市内バス87番に乗り、호천마을 입구(ホチョンマウル入り口)で下車

甘川文化村の詳細はこちら  ↓

屋上:一般の民家

主人公たちが一杯お酒を交わしながら語り合う特別な場所としてドラマに登場したアパートの屋上はホチョンマウルの民家の屋上で撮影が行われました。但し、一般の民家となので基本的な礼儀とマナーはお忘れのないようにお願いします。

時間:夜9時までは見学可能

倉庫を改装したイベントスペース

主人公のコーチが運営をしていた体育館は実際に釜山市にある倉庫を改装した公演やイベントスペースだそうです。主人公が汗水たらしてテコンドーの練習をしたところですね。実際は門が閉まっていて真正面からは、中が見えないようです。横に駐車場がありますので、その近くで写真撮影が可能となります。

住所:釜山市中区 中央洞5街 22
アクセス地下鉄1号線・中央駅2番出口を出て、1本東側(海側)の道に位置しています。

展望台:イ・ジュンソプ展望台

韓国で有名な画家のイ・ジュンソプが戦争から逃れ、釜山で暮らしていた住宅を中心にイ・ジュンソプ通りが造られました。その中にある展望台がイ・ジュンソプ展望台です。ドラマ内では第3話でヒロインがお父さんにデパートのアナウンスをしたと電話で報告しているシーンがこちらで撮影されてましたね。

住所:釜山東区甑山路 168

アクセス:ホチョンマウルから徒歩5分圏内

ツアーの特徴

どのツアーもご希望に合わせてアレンジ自在
”CAN”ツアーはあなたがしたい旅を実現します。

お気軽に
お問合わせください
03335252000333525200
平日 9:50~18:30
土 9:50~15:30